握手会の会話であなたの好感度を上げる方法②第一印象を良くする方法

握手会の会話であなたの好感度を上げるための第一印象を良くする方法

今やアイドルファンなら当たり前のこととして、アイドルとの握手会や物販の時間に実際にアイドルと対面して会話することが出来ます。

ファンであれば好きなアイドルと会話出来る短い時間で、アイドルに好印象を与えたいと思うのは当然のことですよね。

この「握手会の会話であなたの好感度を上げる方法」シリーズではあなたがアイドルから好感度を持ってもらうための具体的な方法をご紹介していきます。

前回の記事「握手会の会話であなたの好感度を上げる方法①第一印象の重要性」で好感度を上げるために大事なことは、第一印象を良くすることと説明しました。

前回の記事を簡単に2行にまとめるとこうなります。

●好感を持たれることと、顔の好みは関係ない。

●人は出会った最初の2秒=第一印象でその人の価値を決める。

好感を持たれるために第一印象の重要性を理解いただいたところで、今回はその第一印象を良くするために具体的にどうしたら良いのかを説明していきます。

スポンサーリンク

第一印象を良くする方法

メラビアンの法則

あなたはメラビアンの法則を知っていますか?

仕事で営業をされている方であれば知っている人も多いかと思います。

メラビアンとはアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンのこと。

メラビアンの法則の内容を簡単に言うと、人の第一印象は瞬間的に判断されるが、その判断には何が重要視されているのかが実験データをもとに説明されています。

「7-38-55のルール」「3Vの法則」

メラビアンの法則に「7-38-55のルール」または「3Vの法則」と呼ばれるものがありますが、内容はどちらも同じで人の第一印象について何を重要視しているかのルールについて説明しています。

人の第一印象は何で判断されているか

1.視覚情報:55%(見た目=Visual・表情・動作など)

2.聴覚情報:38%(話し方=Vocal・声の大きさ、口調、話の早さなど)

3.言語情報:7%  (話の内容=Verbal)

ご覧のように、人の第一印象の判断は、見た目が55パーセント、話し方が38パーセント、話しの内容については7パーセントしかありません。

第一印象で気をつけるべきは「見た目」と「話し方」

初対面で話しの内容は重要でない

これを見てわかることは、アイドルとの初対面で好印象を与えたい場合に重要なことは見た目と話し方であって、話しの内容についてはさほど重要視されていないということです。

アイドルとの握手会に参加する人や参加するか悩んでいる人からよく聞く言葉に、「何を話したらいいかわからない」というのがあります。

まぁ、気持ちはわかります。

だがしかし、メラビアンの法則からわかるように第一印象の良し悪しを話す内容で判断されるのはたった7%です。

ということは、よっぽどひどいことや、相手の気にしていることを言わなければ会話については問題はないことになります。

「何を話すのか」よりも気をつけるべきこと

「何を話すのか」よりも

アイドルに第一印象で好印象を与えるために必要なことは「見た目」「話し方」

具体的には

「自分は清潔に見えているか」

「ムダ毛の処理は忘れていないか」

「どんな表情をしたらいいのか」

「視線はどこに向けたらいいの」

「声の大きさはどのくらいがいいか」

「声の音程はどの高さで話そうか」

話す早さはどのくらいがいいのか」など

これらのことを実行したり調べたりする方が、アイドルに第一印象で好印象を与えるためによっぽど必要なことです。

「見た目」で大事なのは身だしなみチェック

「見た目」で大事なのは、あなたがイケメンかどうかとか、そういうことは関係ありません。

(全く無いとは言いませんが、、、)

「見た目」でまず大事とされるのは身だしなみです。

簡単に言えば、清潔にしているかどうか。

身だしなみについては、以前このブログの「身だしなみをチェックしよう」で記事を書いています。

「身だしなみをチェックしよう」の記事は

● 手をキレイにしよう

● つめを短く整えよう

● ムダ毛を処理しよう

● 髪型を整えよう

● 口臭・体臭をチェックしよう

について説明した内容になっているので、気になる方はぜひご覧になってください。

次回以降は、アイドルに第一印象で好印象を与えるために必要なことは「見た目」と「話し方」についてより具体的な方法を解説していきます。