神宮球場『女子プロ野球』に仮面女子出演&ギネスに挑戦!

仮面女子が『女子プロ野球』にゲスト出演

7月17日(月祝)に明治球場で開催される「日本女子プロ野球リーグ2017 ヴィクトリアシリーズ 埼玉アストライアvs京都フローラ 第15戦」のスペシャルゲストとして仮面女子が出演します。

イニングの合間にライブ出演する他、この日企画されている大イベントにも参加します。

その大イベントとは・・・

スポンサーリンク

世界記録に挑戦!目指せ10,000人!この夏、神宮球場の夜空にCAPを届けよう!

「世界記録に挑戦!目指せ10,000人!この夏、神宮球場の夜空にCAPを届けよう!」は、女子プロ野球チーム・埼玉アストライアが、年に1度の明治神宮球場開催となる7月17日の「埼玉アストライアvs京都フローラ 第15戦」をより盛り上げるべく、球団創設5周年記念の一環として企画されたイベント。

このイベントをさらに盛り上げるべく、スペシャルゲストに招かれたのが仮面女子だ。

「世界記録に挑戦!埼玉アストライア・キャップトスチャレンジ」とは

今回の企画のメインは「世界記録に挑戦!埼玉アストライア・キャップトスチャレンジ」。

これは、当日の来場者全員に女子プロ野球チーム・埼玉アストライアのオリジナルキャップ(野球帽)をプレゼントし、10,000人の来場者と共に一斉にキャップを投げるという世界記録(ギネス)にチャレンジするイベント。

キャップトスチャレンジは、3回裏終了時19:30-20:00頃にスペシャルゲストの仮面女子と一緒に行われる予定。

ちなみに試合開始時刻は19:00の予定。

当日のスペシャルゲスト

始球式:橋本聖子(オリンピック女子世界最多出場記録(7回)、国会議員、日本女子プロ野球リーグ名誉顧問)

MC、スタメン発表:山寺宏一、花江夏樹(お二人とも声優です。俳優、MCなどマルチに活躍されています。)

スペシャルミニライブ:仮面女子(地下アイドル)

スペシャルライブはイニングの合間に行なわれる。

※仮面女子は、アリス十番&スチームガールズの編成。

仮面女子とは

あなたもテレビか雑誌で一度は目にしたことがあるかもしれない、ホッケーマスクをかぶったアイドル集団。

そう、それが仮面女子。

公式サイトの紹介文を引用しよう。

最強の地下アイドル:仮面女子

インディーズ女性アイドルとして日本初のオリコン一位、さいたまスーパーアリーナ単独ライブ15000人動員を達成した最強の地下アイドル。

異形とも言えるホッケーマスクをかぶったアイドル集団。
芸能界に居場所が無くなった【選ばれなかった者達】が集まり、顔を隠すことで個人のアイデンティティを捨て、代償に群れとしての強烈なアイデンティティを手に入れた。
自らを地下アイドルと名乗り、ライブ本数は年間1000本を超え現在地下アイドル最強の名を欲しいままにしている。

KAMENJOSHI  FOLLOW ME

地下アイドルなのに専用劇場

仮面女子が所属している芸能事務所・アリスプロジェクトは、東京・秋葉原に専用劇場を持っている。

専用劇場「P.A.R.M.S」(通称:パームス)

収容人員400人のライブホール。

近くにあるAKB劇場(収容250人)よりも広く、アイドルの常設劇場としては国内最大クラスだ。

ほぼ毎日、アリスプロジェクトの所属ユニットのライブや他の事務所のアイドルをゲストの招いてのイベントなど、年間1000回以上のライブイベントを行っている。

また、今年12月1日には大阪での専用劇場「仮面女子シアター」をオープンする予定。

神宮球場でライブってすごいこと

仮面女子は、女子プロ野球チームの企画した「世界記録に挑戦!目指せ10,000人!この夏、神宮球場の夜空にCAPを届けよう!」のスペシャルゲストとして登場する。

仮面女子が明治神宮球場でライブをする。

またこの企画にのって、最低でも10,000人以上の観客の前でライブをする。

仮面女子にとってこのメリットはすごく大きい。

神宮球場でライブすることのメリット

仮面女子は過去さいたまスーパーアリーナでの単独ライブに15,000人の観客を動員した実績がある。

しかし、神宮球場という今までに経験したことのない特別な場所でのライブは、メンバー達の経験値が1段階上がるとともに、大きな会場でやることの臨場感が体感できる。

今までにない大きな経験は自信へとつながっていく。

神宮球場はつい最近、乃木坂46がコンサートを2日連続で開催した場所。

乃木坂46といえば、今現在グループアイドルの中でもトップクラスの人気を誇るグループ。

イベントの形はどうあれ、乃木坂46のビックイベントと同じ会場でライブができる。

しかもスペシャルゲストとして。

最強の地下アイドルを見せつけろ!

仮面女子の「最強の地下アイドル」というキャッチコピーは、ある意味ほかの地下アイドル達の評価を背負っていることになる。

なぜなら、地下アイドルを知らない一般人を前に「最強の地下アイドル」がそこそこのパフォーマンスしか見せられなかったら、地下アイドルってこんなものかと思われかねないからだ。

だから仮面女子には、「最強の地下アイドル」として当たり前のように会場をわかせる義務がある。

今回の神宮球場でのライブ、仮面女子にはおもいっきりのパフォーマンスで会場全体を衝撃を与えてほしいし、仮面女子にはそれだけの実力がある。

期待している。