地下アイドルになる方法②

前回に地下アイドルになる方法の続きです。

前回の記事で、地下アイドルになるにはオークションを受けて事務所に所属する方法をすすめました。

今回の記事ではオークションを受けずに地下アイドルになる方法を書いていきます。

個人で活動する

オークションを受けずに地下アイドルになる方法を紹介します。

その方法は、事務所に所属せずに、個人で活動することです。

個人で活動して地下アイドルになれるの?

なれます。

実際、個人で活動している地下アイドルはたくさんいます。

わたしの知り合い関係でも個人で活動している人もいます。

では個人でどうやって地下アイドルになればいいのか?

今、この瞬間から地下アイドルになる

個人で地下アイドルになる方法、それは

今、この瞬間から(地下)アイドルになってしまうことです。

わたしの職業は(地下)アイドルです。

そう自分を紹介してください。

スポンサーリンク

あなたは、もう地下アイドルです。

地下アイドルになるのに、試験や資格はありません。

地下アイドルの免許証も証明書もありません。

あなたが、「地下アイドル」になるだけ。

しかし、ただ「地下アイドル」を名乗るだけでは意味がない。

プロとしてのレベルを身につける

あなたは地下アイドルになって何をしたいのですか。

それが「歌やダンスを含めたパフォーマンスで観客を楽しませること」であるとすれば

最低限、人前でライブが出来る技術的なことは身につけておかなければいけない。

地下アイドルだからといってレベルが低いまま出てこられたとしても、誰も見向きもしてくれません。ちゃんとしてる地下アイドルはパフォーマンスがハイレベルです。

独学でも、レッスンを受けるでも、どんな方法でもかまいませんが、プロとして活動するレベルをしっかりと身につけてください。

あなたが地下アイドルだと知ってもらう

そのことを、一般の人の知ってもらわなければなりません。

そのために必要な方法は次の3つ

①ブログ・ツイッターなどを更新しPRする。

②インターネットで動画を配信する。

③地下アイドルのライブに出演する。

ひとつずつ説明していきます。

①ブログ・ツイッターなどを更新しPRする。

これは必ず必要です。

あなたがアイドルであると告知してください。

また、どこにも情報がのっていないアイドルは、応援したくても応援できません。

ライブ予定はもちろんのこと、日々の出来事や、あなたの夢や希望を書いてください。

毎回、写真も掲載しましょう。もちろん可愛く撮れてる写真を選んでください。

②インターネットで動画を配信する。

今は個人で動画を撮って、全世界に情報発信できる時代です。

テレビやライブ活動だけが、あなたのファンを増やす手段ではありません。

アイドルの世界に限らず、個人で何らかの活動をしている人、またビジネスの世界でも動画配信を活用して自らをPRしています。

以前は、TVCM、新聞や雑誌の広告など、一般に告知をするためには、けっこうな金額が必要でした。

ですが、今はインターネット配信する機具を用意するだけで、みんなに見てもらえます。

そして、どうやってアクセスを増やすかは、あなたのアイデア次第です。

あなたが本気で、アイドルの世界で、たくさんの観客の前でパフォーマンスしてみんなを喜ばせたいのであれば、インターネットの動画配信をおおいに活用してください。

③地下アイドルのライブに出演する。

現在、多くの地下アイドルはライブ活動でファンを増やしています。

また、あなたもアイドルならば、観客の前でライブがしたいと思います。

しかし、地下アイドルになったばかりのアナタは、どうしたらライブに出演することができるのかわからないと思います。

ライブに出演するためには、ライブを主催するイベンターに存在を知ってもらうことが一番です。

イベンターがライブの出演者を集めるからです。

また、それ以外にも方法があるので合わせて紹介します。

イベンターに存在をしってもらう方法

●地下アイドルの業界関係者が知り合いにいたら紹介してもらう。

●イベント主催社(事務所)にライブに出演したいとメールを送る。

●地下アイドルのライブに行き、事務所関係者らしき人に声をかけイベンターがどの人か教えてもらう

●地下アイドルのライブによく行く知り合いがいたら紹介してもらう。

(地下アイドルのライブの常連になると、誰がイベンターか知ってたりすることが多いです。)

イベンターにアプローチする以外の方法

●たまに出演者を募集しているイベントがあるのでそこに申し込む。

●自分のブログ・ツイッター・動画などでライブに出演したいことを告知する。

イベンターまたは紹介者に会う時に用意しておきたいもの

●連絡先(メールアドレス)がわかる名刺。※名前は芸名でもOK

●簡単なプロモーションビデオ、もしくはあなたのことがわかる動画のアドレスを渡す。

●いつでもライブできるようにライブ用音源を携帯しておく。

評価されればオファーがくるようになる

ライブに出演する方法を書きましたが、最初はなかなかライブ出演が決まらないかもしれません。

しかし4回5回とライブに出演すると、次第にイベンターの方から出演依頼がくるようになります。

また共演する他の事務所が主催イベントをしているとこなら、あなたに直接出演依頼をしてくることもあるでしょう。

もし出演依頼がまったく来ないようなら、修行して出直しましょう。

個人でも十分活動できる

あなたにアイドルとしての魅力があれば、個人でも活動の幅はどんどん広がっていきます。

地下アイドルになりたい人は、是非チャレンジしてみましょう!