水樹奈々「ソロ史上初2度目のシングル2作同時TOP3入り」の快挙

水樹奈々、シングルランキング2作同時TOP3

昨日のブログでデジタル声優アイドル「22/7(ナナブンンノニジュウニ)」のことを記事にました。
秋元康氏プロデュース『22/7(ナナブンノニジュウニ)』初ライブでメジャーデビュー&アニメ化発表

その中で、人気声優は表現する技術がしっかりしているので、年齢を重ねても人気が衰えないと書きました。

そんな中、人気声優の水樹奈々さんのことがニュースで取り上げられていたので、今回の地下アイドル応援ブログで記事にしたいとおもいます。

スポンサーリンク

水樹奈々、ソロアーティスト史上初の2度目のシングル2作同時TOP3入り

人気声優で歌手としても活躍する水樹奈々さんが、史上初の快挙を達成したということで、ニュースに取り上げられています。

その快挙というのが、オリコン週間ランキングで、2度目シングル2作同時にTOP3入りを達成したこと。

今までに、シングル2作同時にTOP3入りを2度達成したソロアーティストはいなかったが、今回の水樹奈々さんが初めてそれを達成しました。

TOP3入りしたシングル曲は

シングルランキングでTOP3入りしたシングル曲は

ランキング2位 「TESTAMUNNT」 売上3.3万枚

ランキング3位 「Destiny’s Prelude」 売上3.1万枚

実はシングル3作TOP10入りも達成

また、水樹奈々がキャラクターボイスを務める「風鳴翼」名義のシングル曲「戦姫絶唱シンフォギアAXZ キャラクターソング3(月下美刃)」初週売上1.3万枚で8位に初登場しているので、シングル3作同時TOP3入りだ。

ソロアーティストのシングル3作以上の同時TOP10入りは、故・尾崎豊さん、倖田來未さん、宇多田ヒカルさん(4曲同時)につづいて4人目の達成となる快挙です。

シングル同時TOP3を達成したソロアーティス

過去2作同時TOP3を達成したソロアーティストは、女性では故・藤圭子さん、松田聖子さん、浜崎あゆみさん、水樹奈々さん、男性ではさだまさしさん、寺尾聰さん、氷川きよしさんの合計7人です。

ソロアーティストが活躍することは大変

アイドルファンならみなさんご存知だと思いますが、ソロで長くTOPアイドルとして活躍することはとても大変です。

グループアイドルとして長く人気を誇っていたアイドルも、卒業してソロとして活動するようになると、目に見えて勢いが落ちてくる傾向にあります。

地下アイドルでも、グループアイドルだと、ソロアイドルより人数が多い分集客も有利で、ライブイベントにも声がかかりやすい傾向にあります。

そのため、TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)などのような大きなイベントでは、ソロで活動しているアイドルにはあまり出演オファーがありません。

長く続けているソロアイドルは実力は高い!?

ソロアイドルはグループアイドルに比べて集客が大変なため、なかなか長い期間続かないことが多いです。

だが、ソロで活動している地下アイドルで、逆に長く続けられているアイドルは、なかなか実力派揃いです。

それはそうですね。

MC、出番時間内の構成、観客を盛り上げること、それらを全部自分一人でこなさなければいけない。

またダンスメインのグループアイドルと違い、ほぼ全部自分の声で歌い上げなければいけない。

それらを何年も続けていれば、歌だってMCだって上手くなります。

ステージの完成度も高いです。

アイドルファンは若いアイドルに流れる

だがしかし

アイドルファンは歌やステージの完成度よりも、若くてかわいい新しいアイドルの方にどんどん流れていくことが多いです。

人気を維持する水樹奈々さんはスゴい

そんな状況をしっているだけに、37才になる水樹奈々さんがソロアーティストとしてオリコン週間ランキングで2曲同時にTOP3入り、それを2度目の達成という快挙は本当に素晴らしいことです。

また、その人気を維持し続けていることに対しスゴさを感じます。

アイドルとしての活動だと長くは続けられない

アイドルを卒業してから、年齢を重ねていっても人気を保ち活動するためにどうしたらいいのか?

アイドルとして求められることと、アーティストとして求められることは明らかに違います。

アイドルファンは、アイドルが好きでファンになっていることが多いです。

そのため年齢を重ねたら、アイドルとして以外に何か他の魅力を身につけないことには、人気はどんどんなくなっていきます。

成功者から学ぼう

水樹奈々さんのように、37才でも大活躍する良い手本がいます。

ソロ活動するアイドルが長続きしない中、なぜ水樹奈々さんは活躍できるのか。

(水樹さんは声優ですが、、、)

考えることで、何かヒントが浮かぶかもしれない。