欅坂46平手友梨奈が5thシングル選抜でもセンター、今泉佑唯は3列目

欅坂46「欅って、書けない?」で5thシングル選抜発表

欅坂46が10月25日に半年ぶり5枚目のシングル(タイトル未定)を発売します。

その5thシングルの選抜メンバーが、テレビ東京で24日深夜に放送された「欅って、書けない?」で発表されました。

選抜メンバーは、欅坂46(漢字欅)の全21名。

センターはデビューシングルから5作連続で平手友梨奈が務める。

スポンサーリンク

欅坂46 5thシングル選抜フォーメーション、今泉佑唯は3列目

欅坂46 5thシングル選抜フォーメーション

1列目:土生瑞穂、菅井友香、小林由依、平手友梨奈、鈴本美諭、尾関梨香、石森虹花

2列目:志田愛佳、渡邉理佐、原田葵、長濱ねる、小池美波、渡辺梨加、守屋茜

3列目:齋藤冬優花、上村莉菜、織田奈那、今泉佑唯、佐藤詩織、長沢菜々香、米谷奈々未

欅坂46 これまでのシングルフォーメーション

1st   5・6・9 「サイレント・マジョリティー」

2nd  5・6・10 「世界には愛しかない」

3rd   7・7・7 「二人セゾン」

4th   7・7・7 「不協和音」

5th   7・7・7  タイトル未定

※左から1列目・2列目・3列目

センターは5作連続で平手友梨奈

シングル作のセンターは5作連続で平手友梨奈。

同じ坂道グループの乃木坂46でも、シングルは1stから5作連続で生駒里奈さんでした。

欅坂46のブランディングも世間に浸透してきたので、次作の6thシングル当たりでセンターを動かしてくることも予想されます。

初めて1列目になったメンバーは

5thシングルで初めて1列目に選ばれたのは、土生瑞穂、石森虹花、尾関梨香の3人

この3人が1列目になったことで、欅坂46(漢字欅)の21名のメンバー全員が1列目を経験したことになった。

今回初めて1列目に選ばれた3人のコメントを紹介しましょう。

土生瑞穂「前に誰もいないっていうのがすごい不安で…。できるかわからないけど、頑張ります。」

石森虹花「今まで後ろで頑張ってきた分、ここで発揮できるよう頑張りたい。」

尾関梨香「何か自分に足りないことが多すぎて、課題がいっぱいだなと正直思っている。できないところは周りのメンバーにたくさん頼って頑張りたいです。」

長濱ねる、欅坂46専任に

欅坂46(漢字欅)とけやき坂46(漢字欅)を兼任していた長濱ねるが、今回のシングルを機に欅坂46専任となることが発表されました。

長濱ねるのコメント

「今、あまり自分の気持ちが整理できてないけど、ツアーを通して、自分の存在がどっちのグループにも中途半端で迷惑をかけているなと思っていた。」

「今回は専任という役割を全うしたいです。」

今泉佑唯は3列目

前作4th「不協和音」発売直後から休養に入った今泉佑唯さんは、3列目での選抜になりました。
今泉佑唯さんは、先日の幕張でのツアーファイナルで復帰を果たしたばかりなので、負担の少ないポジションから再スタートといったところでしょうか、

選抜21名は2ndシングルから4作連続で同じメンバー

選抜メンバーは、欅坂46(漢字欅)の全21名。

けやき坂46(ひらがなけやき)からは今回も選抜入りメンバーはいませんでした。

けやき坂46は独自路線を歩むのか

欅坂46(漢字欅)とけやき坂46(ひらがなけやき)は欅坂46内の別ユニットとして、けやき坂46(ひらがなけやき)は独自路線を歩ませるかもしれませんね。

なぜなら、どんなグループでも人気が出た後に入ったメンバーが、初期にグループの人気を形成したメンバー以上の人気を獲得することはとても難しいからです。

それはAKB48や乃木坂46、モーニング娘。などを見ると明らかです。

であれば、世代交代などをを気にせず、知名度だけをうまく利用して全く別のグループとして活動させた方がいいのかもしれませんね。

けやき坂46(ひらがなけやき)は9月26日の北海道公演から、『けやき坂46(ひらがなけやき)/ひらがな全国ツアー』が始まります。

そして、このツアーに長濱ねるが参加しないことも発表されました。

長濱ねるの欅坂46専任を機に、けやき坂46(ひらがなけやき)が独自路線に向けて動き出しそうな気がします。

参考サイト:欅坂46公式(長濱ねるに関して)→http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/news/detail/O00062?ima=0000